体の異変は初期の内に医者に見せよう

痛風の改善

食事を改善して痛風が起きないようにする

通風による痛みは必ず関節に出てきます。痛みが出る場所としてよく知られているのは足の親指の関節ですが、通風で痛む可能性がある関節はそこだけではなく、ひざやひじも痛む場合があります。 痛風の発作は段階を踏まえて起こるのが普通で、まずは、関節付近にもやもやとする鈍い痛みがあり、それを過ぎると激痛が発生します。こうなってしまうと、薬を飲んで痛みを抑えない限りはまともに動くことが出来ません。当然、通勤も難しくなります。 なので、痛風発作が起きないように食事の内容を制限するとことは、尿酸値が高い予備軍にとって非常に重要なことなのです。尿酸値を下げられればずっと発作を抑えることが可能であり、そうすれば痛みによって行動出来ないということがなくなります。

レバーの食べ過ぎに注意

では、食事を改善するという取り組みを行う場合、食事をどのような内容にすればいいのかというと、プリン体をたくさん含むものを出来るだけ摂取しないというのが基本です。 プリン体をたくさん摂取することと、尿酸値が上がることは比例しているので、プリン体を摂取しなければ尿酸値も上がらないのです。 プリン体は様々な食べ物に含まれています。たとえば、健康食品にも含まれているので、痛風とは別の病気を改善する目的で健康食品を食べて、それが原因で尿酸値が高くなって痛風の発作が起きてしまうことがあるので注意が必要です。 プリン体が多い食べ物として挙げられるのは、たとえばレバーです。レバーを適量に摂取することはいいことですが、尿酸値が高い人は食べる量を抑えた方がいいでしょう。